霧の村

 

 私の故郷は山奥の小さな村だ。昔から霧が出るので有名な所だった。盆のため久し振り

に帰ることになり、細い山道を運転するうちに霧が濃くなってきた。

 全く前が見えない。私は道路の脇に車を止め、暫く待つことにした。

 こんな霧の濃い日は、あのことを思い出す。二十五年前、私が八才であった頃の出来事

を。

 

 私は村の同年代の子供の中で、ガキ大将と言える存在だった。よく仲間を引き連れて、

近くの川や林で遊び回っていた。弱い者苛めをすることはなかったし、私は彼らから慕わ

れ、頼りにされていたと思う。

 その日は村外れの空き地でチャンバラごっこをして遊んでいた。私の他に四人の子供が

いた。彼らの名前は今となっては覚えていないが、仲の良かったことは確かだ。

 ふと気づくと周囲に霧が出ていた。

 私達は村の大人から厳しく言われていた。霧が出てきたらすぐに家に帰れ、と。

 絶対に、霧の中には、入ってはいけない。霧の中には、魔物がいるのだ。そう戒める大

人達の顔に尋常ならざるものを感じ、言い付けを破ったことはそれまで一度もなかった。

「帰ろう」

 私は皆に言った。

 だが、その時には既に、空き地は霧に囲まれていたのだ。何処を通っても、厚い霧の壁

にぶち当たってしまう。

 私達は、霧が晴れるまで空き地で待とうとした。しかし、じりじりと、霧の壁は私達の

方へと迫ってくるのだ。

「どうしよう、大ちゃん」

 一人が泣きそうな声で言った。私の名は大介といった。

「突っ切ろう」

 私は提案した。

「村はこっちだ。皆で手を繋いでいけば、大丈夫だよ」

 順番に手を繋ぎ、私が先頭に立った。皆、不安そうな表情を隠さなかった。

 仲間の手の温もりだけが、唯一の救いだった。

「行くぞ」

 私達は霧の中に進んでいった。

 真っ白な視界。何も見えなかった。私は道の記憶を頼りに村の方へ歩き続けた。

 暫く歩いたが、少しも霧は晴れなかった。

「痛い」

 後方の仲間が悲鳴を上げた。

「どうした」

「転んだのか」

 私達は後ろの子に呼びかけたが、返事はなかった。

 止まることが怖かったから、私達はそのまま進んだ。手を繋いでいる限り、皆、無事に

ついてきている筈だった。

「うわあ、助けて」

 別の子の声がした。

「どうしたの」

 私は聞いたが、やはり返事はない。

 白い闇の中、不気味な圧迫感に怯えながら、私達は進んでいった。

「ウギャッ」

 また悲鳴が聞こえた。

「大ちゃん、助け……」

 最後の声は、私が手を繋いでいる子のものだった。

「皆、どうしたの。大丈夫」

 歩きながら、私は背後に声をかけたが、誰の声も返ってこなかった。ただ、四人分の足

音だけは続いている。それに混じって、ヒューヒューという、笛のような不自然な音が聞

こえていた。

 こうして、手を繋いでいる限り、大丈夫だ。私が強く握ると、仲間の手も強く握り返し

てきた。皆、無事だ。ちゃんとついてきている。その手の温もりが証拠だった。

 その時、急に霧が途切れ、視界が開けた。見なれた村の道だった。

「霧を抜けたよ」

 私はほっとして後ろを振り返った。

 続いて出てくる私の仲間達は、首から上が存在しなかった。服が血に染まっていた。歩

きながら、首の辺りから、ヒューヒューと空気が洩れていた。

「うわあ」

 私は叫んだ。慌てて手を振り解こうとしたが、首のない仲間の手は、私を放そうとしな

かった。逆にズルズルと、私は彼らに引っ張られた。元の白い霧の中へ。

「助けて」

 私は叫んだが、村は静まり返っていた。霧の日は皆、家の中に閉じこもっているのだ。

 霧の壁に触れるか触れないかという時、霧の中から何かが閃いて、私の肩を切り裂いて

いった。十二針縫うことになったその傷を作ったのは、血のついた草刈り鎌だった。

「うわ、わ」

 第二撃が来た。鎌を持つ腕を、私は自由な方の手で掴んだ。

 そのまま私は霧の中へ引きずり込まれた。相手の力は強かったが、私は必死に抵抗した。

手を放せば、あっという間に私は首を斬られてしまうだろう。もみ合っているうちに、鎌

が相手の何処かに刺さった。

「グギャアアアアアアア」

 魔物の悲鳴を、生涯私は忘れないだろう。それきり私は意識を失った。

 目覚めたのは、病院のベッドの上でだった。私は一週間も眠っていたらしかった。他の

仲間達がどうなったのか、私は教えられることはなかった。死んだことだけは確かだろう。

 あれ以来私は、外で遊ぶことをしなくなった。私はこの村を怖れ、中学を卒業するとす

ぐに都会へ出た。

 

 霧が晴れてきた。私は車を再発進させ、夜になる前に実家に着いた。

「ただいま」

 私は大きな声で言いながら、玄関を上がっていった。

「お帰り、遅かったね」

 居間には母がいた。

 テーブルの上に、水の入ったコップが置かれていた。その中で揺れているものを見て、

私は息を呑んだ。

「そ、それは……」

「おや、知らなかったのかい」

 母は私の方を見た。その左目は空洞だった。

「私の左目は、二十五年も前から義眼だよ。誰かさんに鎌でやられてね」

 恐い微笑を浮かべ、母は言った。

 

 

戻る