死霊殺し

 

 ひどい雨だった。カーステレオの音楽を遮って、雨粒が車体にぶつかる音がバラバラと

響く。夜の山道に大雨とは最悪だ。

 荷物の運び入れに手間取り、予定の時刻を大幅に遅れてしまった。夜間この峠を走りた

くはなかった。女の幽霊が出て交通事故を呼ぶという噂があるのだ。それを鵜呑みにする

私ではないが、実際に事故は多い。ガードレールに供えられた花束を、時折目にすること

がある。

 トンネルの手前で、歪んだ視界の隅に黒い人影が映った。こちらに手を振っているよう

だ。

 こんな時間に雨の中を。多少気味が悪かったが停車した。幽霊は女という話で、影は若

い男のものだった。トラブルかも知れないし、困った時はお互い様だ。

 助手席ではなく後部座席に乗り込んだのは、高校の制服を着た少年だった。長い間雨に

晒されていたらしくずぶ濡れだ。

「すみません」

 少年は低い声でそれだけ言った。バックミラー越しに少年の顔を見ていると、事情を尋

ねる気もしなくなっていた。死人のような青白い顔だが、何かを思い詰めたような雰囲気

があった。

「何処まで乗せてけばいい」

「峠を抜けるまでです。多分」

 私は発進した。短いトンネルを抜ける。擦れ違う車もなく、淡々と暗い景色が流れてい

く。雨音に混じって、私の好きなバッハのフーガが車内を満たす。

 やがて、沈黙を破り、少年が喋り出した。

「この峠には、幽霊が出るんですよね」

「ああ、そうらしいな。まだ見たことはないが」

 私は答えた。きついカーブを、スピードを落として曲がる。ヘッドライトを浴びたガー

ドレールの一部が凹んでいた。

「僕の好きだった人は、幽霊に取り殺されたんです」

「え」

 私はバックミラーを見上げた。少年は俯いている。僅かに見える瞳は昏い。

「いきなりこんなことを言われても、信じられないでしょうけれど」

「まあ、どうかな……」

 私は言葉を濁した。

「彼女は何も悪いことをしてなかった。デザイナーになるのが夢だったんだ。こんな理不

尽なことが、許される筈がないんだ」

 少年の声は、怒りを含んでいた。

「人生とは元々理不尽なものさ」

 私は後ろの少年に言った。

「善良な生き方をしていても、災いは突然に襲いかかるものだし、悪い奴が必ず罰せられ

る訳でもない。悲しいが、それが現実ってもんだよ」

 少年は頷くことも反発することもなかった。どうやら私の言葉など耳に入っていないよ

うで、ボソボソと呟いている。

「……許せない……幽霊は……僕は結局、彼女に……」

 少年の声が次第に小さくなり、雨音に紛れて聞き取れなくなった。

 私は黙々と運転を続けた。どうにも重苦しい空気になっていた。そろそろ下りに入る。

早く峠を抜けてしまおう。

 少年は完全に下を向いてしまい、顔が見えなくなった。

 バックミラーから視線を外した時、助手席に白いものを認めた。

 髪の長い女が、いつの間にか私の車の助手席に座っていた。ワンピースの腰から下は、

血で真っ赤に染まっていた。

「うわっ」

 私は慌てて急ブレーキをかけようとした。だが足が動かない。誰かに足を掴まれている

みたいだ。逆にアクセルを少しずつ踏み込んで、車が加速していく。

 峠の幽霊だった。血塗れの白いワンピース。噂で聞いた通りだ。後はその顔が……。

 私はスピードメーターも、雨の降りしきる前方の景色も、自分の足元も、見ることが出

来なかった。

 女がゆっくりと、私の方に、顔を向けたからだ。

 二十代前半の、美しい女だった。ただし、その左顔面は大きく割れ、骨と脳が見えてい

た。虚ろな目が私を見つめていた。

 私はもう、何も考えられなくなっていた。カーステレオから流れるフーガが、えらく鮮

明に聞こえた。

 女がその両手をこちらに伸ばした。するするする、と、腕が蛇のように動いて本当に伸

び、ハンドルを掴んだ。

 私が悲鳴を上げようとした時、突然後部座席の少年が叫んだ。

「幽霊が生きた人を殺すなんて、あってはいけないんだっ」

 少年が後ろから女に襲いかかった。女の両肩を掴み、女の頭に文字通り、食らいついた

のだ。

 少年の顔は変形し、口が呆れるほどに大きく広がっていた。女の頭がスポンと収まった。

女がもがいた。うにゃあああ、とでもいうような不気味な声が、少年の口の中から聞こえ

た。

 ズル、ズル、と、女の体が少年の口の中へ引き込まれていく。少年の顔は犬のようにせ

り出し風船のように膨らみ、魚のように丸く大きく目を見開いていた。ゴクリ、ゴクリ、

と、少年の喉仏が動いた。

 女の胴が、伸びた腕が、血塗れのスカートと素足が少年に呑み込まれ、私の足の重みが

消えた。私は急ブレーキをかけた。スピードは時速八十キロ以上出ていたろう。すぐ前に

カーブが迫っている。ガードレールの先は崖だ。甲高いブレーキ音。濡れた路面が滑る。

 ガツンと重い衝撃があり、ガードレールを凹ませて車は停止した。私は胸を撫で下ろし、

そして左を見た。

 女の姿は消えていた。少年の姿もない。ただ、後部座席のシートは雨水で濡れていた。

 私は溜息をついて、車を再始動させた。左のヘッドライトが壊れてしまったが、動力系

に問題はないようだ。

 峠を越え、自宅に戻る頃には雨はやんでいた。

 彼らには、他のことを考える余裕などないのだろう。おそらく、死ぬ間際の情念に従っ

て、機械的に動いているだけなのだ。女の場合は車への恨みであり、少年の場合は、幽霊

への恨み。

 女は、少年の存在に気づいていなかった。少年が、トランクの中身に気づかなかったよ

うに。

 私は車庫に車を収め、後部のトランクを開けた。

 中には、手足を縛り猿轡を噛ませておいた少女が、窮屈そうに横たわっていた。かなり

もがいたのだろう、足首のロープが解けかかっている。

 恐怖に慄く少女の瞳が、私を見上げた。そう、その瞳が、痺れるような快感を私に与え

てくれる。

「さあ、楽しいダンスの時間だよ。私の地下室でね」

 私は少女に向かって優しく微笑んでみせた。

 

 

戻る