迷い

 

 午前二時の静寂の中、私は薄暗い自分の部屋で、じっと机に向かっている。

 スタンドの光に浮き上がっているのは、一枚の写真。

 噴水を背景に、私と一人の男が並んで写っている。腕にしがみつかれ、はにかんだよう

な笑顔を見せるその少年は、岸村真治。

 高校の同級生。三日前までは、私の恋人だった。

 半年前から写真立てに収まっていた写真を、今、私は取り出して、ずっと見つめている。

 どうして私を捨てたの。

 信じていたのに。あんなに素っ気なく、「別れよう」なんて……。

 私は引出しを開け、小さな裁縫セットを取り出した。

 待ち針を一本、引き抜く。

 尖った先端を、机に置いた写真に向ける。

 その先には、真治の顔があった。

「神様、もし神様がいるのなら、私の心を引き裂いたこの者に天罰をお与え下さい」

 私は小さな声で、でもしっかりと、そう呟いた。

「いいえ、叶えてくれるのなら、悪魔でも構わない」

 私は待ち針を振り下ろした。

 でも。

 その先端は、真治の顔の寸前で止まっていた。力を込めようとしても、それ以上は針が

進まない。

「うう……」

 知らず、私の目に涙が滲んでいた。

 真治君。

 この半年間、いつも一緒に下校したよね。あなたは無愛想に黙っていることが多かった

けど、あなたの優しさは自然と伝わってきた。遊園地への初めてのデートはあいにくの雨

模様だったけれど、私には一生の思い出。このままずっと二人で、いつまでも幸せに生き

ていけると信じていたのに。

 真治君。

 私には出来ない。いくらこんなものは迷信だと分かっていても、私には出来ない。真治

君を呪うなんて。

 でも。

 手に入らないのならば、いっそのこと。

 私は待ち針をもう一度振り上げた。

 涙で視界が歪む。

「死ね!」

 私はついに待ち針を写真に突き刺した。

 ゾクリと嫌な感覚が、私の全身を走った。まさか呪いが本当に……。

 涙を拭いて写真を見直す。

 待ち針の先端は、真治君ではなく、私の顔に、突き立っていた。

 丁度、左目の辺りだった。

 その時、背後で何かが動いた。

 振り向いた私の目の前に、私がいた。

 その顔は、憎悪に醜く歪んでいた。

 何も言わず、もう一人の私が細長いものを私の顔目掛けて突き出した。

 五寸釘ほどもある、大きな待ち針だった。

 それは私の左目を貫いて、更に奥の方まで潜り込んでいく。

 

 

戻る