音

 

 外ではしとしとと雨が降り続いている。

 八才になる陽司は母親と一緒にテレビを見ていた。

 今あっているのは外国のホラー映画で、狂った殺人鬼が人を殺し回る話だった。

 陽司は恐くて恐くてたまらないのだけど、どうしても見てしまう。物陰から急に殺人鬼

が飛び出してくる場面や、犠牲者の首が切り落とされる場面を、陽司は顔を押さえた指の

隙間から覗いていた。

 そんな陽司を見て母親は微笑していた。

 映画はそろそろクライマックスに近づいていた。テレビの中でも雨が降っていた。陽司

の心臓はもうドキドキしていて、恐い場面を見たくないのだけれど、どうしても先の展開

が知りたくて見てしまうのだった。

 母親が言った。

「陽ちゃん、恐いのなら目をつぶっていていいわよ。お母さんが、どうなってるか教えて

あげるから」

「う、うん」

 陽司はしっかりと目を閉じた。自分の目で見ていたい気持ちもあったが、好奇心よりは

恐怖の方が強かった。

 世界は、闇と音だけになった。

 ザシャザシャ、と、濡れて柔らかくなった地面を踏むような音がした。

「ねえ、お母さん、どうなったの」

 目を閉じたまま、陽司は聞いた。

「殺人鬼が、地面の下から這い出してきたのよ」

 母親の声が答えた。

 カシャン、と、低い金属音が聞こえた。

「ねえ、お母さん、どうなったの」

「殺人鬼が、家の外に置いてあった鎌を拾ったのよ」

 ドンドン、と、何かを叩く音。

 陽司はギョッとした。音がテレビからではなく、本当に部屋の外から聞こえているよう

な気がしたのだ。

「ねえ、どうしたの」

「目をつぶってなさい、陽ちゃん。殺人鬼が、入り口の扉を叩いているのよ」

 母親は少し厳しい口調になっていた。陽司は目を開けることが出来なかった。

 バキン、バタン、と、木材が割れて、倒れる音。

「ねえ、お母さん、どうなったの」

「殺人鬼がとうとう扉を破って家の中まで入ってきたのよ」

 ベチャリ、ベチャリ。

「ねえ、お母さん、どうなったの」

「殺人鬼が近づいてきているわ。そろそろ恐いことになるわよ」

 ベチャリ、ベチャリ。

 濡れた足音は、次第に大きくなっていった。

 まるで、本当にすぐ近くにいるみたいだった。陽司の心臓は早鐘のように鳴っていた。

「ね、ねえ、お母さん」

「目を開けちゃ駄目よ、陽ちゃん。殺人鬼はもう、すぐそこよ」

 ヒュン。ゴチャリ。

 嫌な音がした。

「ねえ、お母さん、どうなったの」

 陽司は恐る恐る聞いた。

 闇の中で、母親の声が答えた。死人のような低い声が。

「殺人鬼がお母さんの首を切り落としたのよ」

 陽司のお尻や足に、ヌルヌルした生温かい液体が触れた。

「え、何、何、お母さん」

 陽司は、目を開けることが、出来なかった。

 ヒュン。ゴビャッ。

「おか……」

 首筋に激痛が走り、陽司は、それ以上、喋ることが、出来なかった。

「殺人鬼が陽ちゃんの首も切り落としちゃったわ。殺人鬼は、三ヶ月前に庭に埋めたお父

さんだったの」

 赤く染まっていく闇の中で、母親の声と、映画のヒロインの悲鳴とが、同時に聞こえて

いた。

 

 

戻る