独り言

 

*** 2017.1.15 ***

ギシギシ軋みまくるので買い替えようと思っていた椅子・レビーノだが、

結局もっとボロボロになるまで使い続けることにした。

新しい候補を探したけれど、どうもサポートが悪いとか品質がどうとか色々と欠点の噂も知ると手を出すのがギャンブルに思えてきたのだ。

木製の椅子はまあ悪くはなかったけど取り敢えず予備として置いとこう。

さて、次に悩むべきはパソコン、かなあ。

デスクトップは目安の四年を過ぎておりいつでも買い替えて良いのだが、この際コンパクトにノートパソコンにしてみたいのだがやはり拡張性やらを考えるとデスクトップの方がいいし、キーボードのストックもまだ残ってるしなあ。間を取って省スペースパソコンにするかあ。

てな感じでまだ迷っているので安心して保留にしている。まだ今のパソコンで支障ないしな。

そう、確定してしまったらリスクも背負ってしまう。いつでも確定可能な保留というのが最も安心な状態の一つなのだ。

もう一つの安心状態は予備の予備の予備まであるということなのだけれども。

 

*** 2017.1.14 ***

主人公が卑劣過ぎて冷める、正義感が強いが心理の変化が薄っぺら過ぎて冷める、あっさりヒロインを奴隷にして冷める、目の前の男は明らかに敵なのに建前にこだわってモタモタして冷める、鈍感・難聴過ぎて冷める、敵の憎らしさの積み上げがズルズル長いのにやっつける時はあっさりでカタルシスが足りなくて冷める、出だしは面白そうだったのに読み進むうちにテンプレに収束してしまって冷める、主人公が楽に勝ち過ぎて冷める、主人公が毎回計算されたように苦戦して冷める、久々に更新されたと思ったら内容が薄くて殆ど進んでなくて冷める、文章がくど過ぎて第一話の冒頭で冷める、誤字が多過ぎて冷める、読者からの批判で最新話をなかったことにして冷める。

本当、なろう界は地獄だぜ、と思った。

というか冷めまくる読者の私が悪いのだけれども。

 

*** 2017.1.12 ***

プッチンプリンを暫く食べていない私ですが、それはさて置いてロベリアさんが『唯一絶対超絶究極大殺戮神』の中国語訳の後編を公開なさいました。

【翻譯小說】唯一絕對超絕究極大殺戮神(下) - A857142的創作 - 巴哈姆特

いやあ、布丁的怨念は恐ろしいですね!

ロベリアさん、大変な手間をかけて翻訳して下さり、どうもありがとうございました。

プッチンプリンが台湾でも売れてくれたら嬉しいです。

 

*** 2017.1.11 ***

最近のトレンドは駄女神を虐待することかあ。

そうか、そもそも女神には人権もないし生物でもないしな。

うまい方法もあるもんだなあと思った。……。

 

*** 2017.1.9 ***

あっ。

クラス全体異世界転移ものの源流の一つって、もしかして、楳図かずおの『漂流教室』じゃないのか。

あの極限状況殺伐カニバル物語が、今では冴えない苛められっ子がチート能力でクラスの奴らを見返してハーレムを築く話となるのか……。

平和ですね!

 

*** 2017.1.8 ***

フィットにしてから数ヶ月経った訳だが、まだ駐車が微妙にずれる。

真っ直ぐのつもりが真っ直ぐになってなかったり、左右の幅の感覚が狂っていたりする。

バックして一旦停めて、鉄柱がほんの数センチ左に立っていたことに気づいてゾッとした。

おのれフィット、というよりも私の運転自体がそもそも下手おのれフィット。

まあいずれ慣れるだろう。一年後か二年後か、十年後くらいには。

 

*** 2017.1.7 ***

『アンダーワールド ブラッドウォーズ』を観てきました。

吸血鬼と狼男が紫外線弾やら最新の武器を使って殺し合う物語の、ええっと過去話を含めて第四弾かとおもってたら第五弾となってました。

あれぇ、一つ見逃してたのかなあ。

背景が微妙によく分からないまま観てましたが、このシリーズのボス達って、最強を求めてどうたらこうたらするのに死ぬ時は以下略。

毎回最強っぽい評判の敵が出るのは『ブレード』とかぶってて、益々こんがらがってくるのでした。

まあ、シリーズを観てきた人はそれっぽく楽しめるんじゃないでしょうか。多分。

あ、取り敢えずケイト・ベッキンセールは相変わらず美人でした。

 

*** 2017.1.6 ***

ロベリアさんが引き続いて『唯一絶対超絶究極大殺戮神』中国語訳の中編を公開なさいましたのでご紹介します。

【翻譯小說】唯一絕對超絕究極大殺戮神(中) - A857142的創作 - 巴哈姆特

どうもありがとうございます、恐怖的存在!

 

*** 2017.1.5 ***

ふと思ったのだけれど、いや、本当にちょっと思っただけなんだけど、

他の客が誰もいないのにカウンター席の一番トイレに近いところに案内されるというのは、

やっぱり、もう二度と来るなということなのかなあ。

 

*** 2017.1.2 ***

リクライニングチェアを使っていたら右手の親指人差し指が痺れてきたのでやはり合わないと判断。

こいつも駄目だったら新しい椅子を注文しようと木製の椅子を試しているのだが、座面の高さは丁度いい感じだ。背もたれに完全に寄りかかれないのが弱点だな。

それはさて置き、新年早々ホームセンターのナフコで買い物をしたのだけれど、レシートを見るとポイントカードの宣伝が書いてある。

で、そのカードの名前なんだが、ナデポというらしい。

……。入会しなくちゃいえ何でもないです。

 

*** 2017.1.1(その2) ***

やっぱり正月は餅で死人が出るなあ。

もしかしてこの先政府が進んでお年寄りに餅を配るようになるんじゃないだろうな。

うん、「文化ですから」といえば許されるな。

と、いうのは置いといて。

ロベリアさんが手間をかけて『唯一絶対超絶究極大殺戮神』を中国語に翻訳して下さいました。

ひとまず三つに分けて前編を公開しておられますのでよろしければご覧下さいませ。

【翻譯小說】唯一絕對超絕究極大殺戮神(上) - A857142的創作 - 巴哈姆特

やっぱり漢字って、なんとなく意味が分かって妙に面白いです。

ロベリアさん、お忙しい中どうもありがとうございました。

 

*** 2017.1.1 ***

ついこの間2016年が始まったような気がしたのに。

ジョジョ五部のキングクリムゾンの能力って当時はよく分からなかったのだけれど、

きっとこういうことなんだろうなあ。

カイストの短編は幾つか書いたが、掲載するにはまだまだ寝かせる必要がありそうだ。

四十才を過ぎたらいつ死んでもおかしくないし、風呂敷を広げるのではなくきちんと終わらせることを考えるべきだよなあ。

で、私がどんな死に方をするのかというと。

多分背後からブスリと刺され今年もよろしくお願い致します。

そうだ、多重人格が認められたら生活保護も人格数分貰えるのではいえ何でもないです。

 

*** 2016.12.32 ***

年を取ると本当に一年の経つのが早い。

あっという間に年越しで、あっという間に年賀状やら年始の挨拶やらで手間を取られる。

という訳で、年配の人は年末年始の挨拶は数年に一度で良いことにしたらどうか。

といっても相手一人一人の年齢をチェックして対応するのは難しいので、若い人からは年賀状やお歳暮を送る、年配の人からは設定された年からしか送らない、ということでどうか。

そんなことやったらお歳暮や年賀ハガキが売れなくなって困るって? いいじゃないか配送の人達の負担も減るし。

てなことを考えたがどうせ実現はしないなと思った。

でもいずれはコンピュータが進化して、人間の代わりにお歳暮を贈ったりそのお礼状を書いたり年賀状を書いて送ったり年賀状を受け取って読んだりしてくれるようになるだろう。

人間は人間関係から解放されるのだ! では皆様良いお年を。

 

*** 2016.12.31 ***

やってた同人ゲームは微妙に自分の求めるものと違っている感じでやめてしまい、でもやはり気になって再開、というのを繰り返している。

そんな中でやり込みゲーで評判良さそうなものをSteamで購入してダウンロードしたが、一戦してすぐやめてしまった。

もう私はゲームの出来ない体質に……なってくれたら嬉しいのだがそういう訳でもない。

しかしやっぱり、自分の理想のゲームは自分で作るべきなのかなあ……。

物凄く大変なのが分かりきっているので手を出せないのだけれど。

改めて、システムの設定だけでも煮詰めてみるかなあ……。

 

*** 2016.12.29 ***

おっと、もう上映始まってたのか。ということで『バイオハザード:ザ・ファイナル』を観てきました。

……ううむ。相変わらずだなあ。

めまぐるしく変わる状況、参加してはあっさり死んでいく仲間達。クローン、クローン、クローン。

ジェットコースターに乗っている感覚といえば耳触りが良いが、観客は主人公と同じく振り回されているだけで感情移入が出来ないような気がする。

でも、まあ、取り敢えず、ファイナルということで観る方としても肩の荷が下りた感じです。

……まさかリベンジとかリスタートとかついてまた続編が出たりしないよね。

 

*** 2016.12.28 ***

カキは独特の臭みも好きなんだが冷蔵庫に入れると悪事を成すなあと思った。

という訳で具にカキを使ってカレーを食べた。リー20倍はちゃんと辛かった。

すのこベッドと低反発だったか高反発だったかのマットを敷いてみたら、なんか仰々しい厚みになって面倒臭いなあと思った。

でも寝てみたら割といい感じだった。

ずっと待っていた同人ゲームが発売されたので買ってみた。ハマると面白いのだろうが今はまだ手探りでよく分からない。

Mount&Bladeでヒャッハーしたくなってくるなあ。

 

*** 2016.12.27 ***

驚いたこと。

ハローデイというスーパーがあるのだが、てっきりスペルはHelloDayだと思ってたらHalloDayだった。

こんなことに気づいてしまった私は殺されるのではないだろうか。

と心配して検索してみたら別にHalloでも問題ないんだな。

……。

殺されなくてすんだ!

 

*** 2016.12.25 ***

久々に綺麗に空を飛ぶ夢を見た。何かから逃げていたみたいだが詳細は忘れた。

まあ、いいさ。いつも逃げてるし。

それはさて置き、何かなろう系で面白いのはないだろうかと「なろう おすすめ」で検索して見つけたものをご紹介。

この世界がゲームだと俺だけが知っている

ゲーム世界に入り込んでしまったというのはテンプレの一つではあるのだが、実際に読んでみるとテンプレじゃなかった。

違うのは、その元になったゲームがバグと変な仕様満載のクソゲーだったということで。

ゲームをやり込みまくっていた主人公はそれらのバグと仕様を逆手に取り、読者とヒロイン達の予想の斜め上、或いは斜め下、いや、斜め裏?を行って強敵を倒していくのだった。

随分前のちょっとした説明が実は伏線になっていたりして、かなり考えて作り込まれた話だと思いました。

 

*** 2016.12.25 ***

今年もあっという間に終わってしまうなあ。

ええっと、今年は何をしたっけ、と振り返ろうとしてもあまり思い浮かばない。ゲームばかりしてた気も……ま、まあ、PODで小説が出たな。

と、そこで『美しい人』が電子書籍で既に発売になってることに気がついたのだった。

取り敢えずメリークリスマス!

 

*** 2016.12.23 ***

また手帳に自分で書いたメモが読めない。

「〜〜に行った時〜〜」と書いてあるようだがさっぱり分からない。

まあ、いいか。どうせ今年も終わりだ!

 

*** 2016.12.19 ***

RPGをやってると敵が経験値に見えてくるよなあと考えてたら、そんな経験値な敵に殺されたらどんな気持ちだろうと思った。

「経験値に殺された」

面白い表現だなあと思うが特に使う予定はない。

 

*** 2016.12.18 ***

ゲームする必要がなくなって、漫画読んだり昼寝したりなろう小説を読み返したり昼寝したりしていた。それから夕寝したり。

リクライニング椅子の座面の低さはクッションで補えばいいじゃないかと思いついて座布団を買ってくる。

少しはましなのかも知れないが、マウスを持ったままだとやはり腕に負担がかかるようだ。

それからやはりパソコンに向かって過ごすにはキャスターつきの方が便利だなあ。

でももう少し、もう少し様子を見ます。

 

*** 2016.12.17 ***

ああ、やっちまった……。

Mount&BladeのMOD独自の結婚式イベントでスクリーンショットが微妙に不満な出来だったのでロードしてやり直そうとしたら選択肢がなくなっている。

スクリーンショット撮影で自動セーブされてたのだった。イベントの途中でセーブされ、そのイベント自体がなくなってしまったらしい。

ま、まあ、いいか……。プレイヤーのステータスはカンストし、かなりやり尽くした感はあったし。後はリザードマンとかバルログとかも見たかったが、ここが潮時かな。

MODがバージョンアップされたらステータスや金やアイテムをそこそこ引き継いでリスタートしよう。

 

*** 2016.12.16 ***

ちょっと動いただけで軋む椅子・イトーキのレビーノにうんざりし、前に買っていたリクライニング椅子に切り替えてみることにした。右手が痛くなって仕舞ってたのだが改めて使ってみたらどうなるか。

で、ちょっとゲームしてたら右手首から肘に負担が……。

座面の高さがちょっと足りずにマウスを持つ右腕に重量がかかってしまっているらしい。

この椅子、座面はこれ以上上がらないんだよなあ。

新しいオフィスチェア、買うかなあ。

まあアジト用のを買う時についでに買ってしまった木製の椅子もあるのだけれど。

……。

ま、まあ、今のリクライニングが駄目だったら木製の椅子を試して、それでも駄目なら買うか。

そしてやたら重いレビーノを粗大ゴミに出してすっきりしよう。

 

*** 2016.12.12 ***

飲み会で聞いた話なのだが、日本の昔ながらの音楽というのは西洋のものより音階が少なくて、

明治になった時に音楽家達は初めてドレミファソラシドを学んだ訳だが、

その新しい音階を彼らは認識出来なかったらしいのだ。

そういえば江戸時代の人は黒船が目の前に浮かんでいたのに見えていなかったという説があるらしい。

頭の中にない概念は認識することが非常に難しい、ということなのだろうか。

とすると昔は狐や狸に化かされたとか妖怪がいたという話がよくあったのに今は誰も見ないというのは、

現代の人の頭には狐や狸に化かされるという概念が存在しないからなのだろうか。

科学という概念に縛られてそれ以外のものが見辛くなっているのだろうか。とそんなことを思った。

でも考えてみると今もオカルト好きな人って多いよな。

……。分からん。

 

*** 2016.12.11(その2) ***

昔の私は分かっていないのに分かっているつもりで生きてたんだなあ、と分かった今になって振り返ってゾッとしたりするのだが、

二十年後くらいに今の自分を振り返ったら同じことになるのではなかろうか。

結局私は一生分かっているつもりで分かっていないままなのだろうか。

 

*** 2016.12.11 ***

数年ぶりの人達との飲み会でした。

久々なのでなんか緊張するなあ、親しかったつもりだが既に親しくない人達になっているかも知れない、そうすると針のむしろだなあと心配してましたが、

行ってみたら相変わらずでした。

始まりはなんかしんみりで、後半は盛り上がってきて、デザートを食べ終えてもなかなかお開きにならないところ、ああ、そうだそうだ、こんな感じだった。

という訳で変わってなかった!

 

*** 2016.12.9 ***

腹が妙に痛かったのは数日前に飲んだバリウムのせいなのか。

それともカキフライのせいなのか。

もし後者だとしてもカキは食べ続けてやる。

 

*** 2016.12.8 ***

人間の演技をした後でドッと疲れる。

 

*** 2016.12.5 ***

エレコムのマウスは今のところうまく動いている。ちょっと判断が早いかも知れないが、見直したぜエレコム!

それは置いといて。

VRって視覚聴覚はリアルに出来るけど触覚は無理だよなあ。戦ってダメージを受けても痛みはないしなあ。

そこで、苦痛アタッチメントを腕にでも巻いて、スタンガンと同じ原理で電気による苦痛を与えるのはどうだろうか。

と、体罰はダメ、でも躾は必要、でも子供は言うこと聞かない学級崩壊……とすると、肉体へのダメージにはならない電撃刑ならいいじゃないかと思った。

ってこれ前にも書いたような気がするなあと思ったら三年前に書いてた。

ここで独り言書いてても現実は変わらないよなあ。

 

*** 2016.12.2 ***

さて、一年半放置された後で使っているロジクールのマウスなんだが、どうも電源関係の接触が悪いのか時々動かなくなる。

叩くと動き出す。

やはりエレコムの出番だ!

 

2016年11月

 

戻る