独り言

 

*** 2020.2.23 ***

今でも瓶に尊敬の念を抱いている私は、七味唐辛子を使いきった後の小瓶を何かに使えないかと考えてしまうのだった。

毒物の保管とかに使えないかなあ。でもトリカブトもないし……。

という訳で結局捨てた。

そういえば女神転生のスマホゲーは物凄く厳しいガチャ率などのガメツさで不評だったが、今もサービスは続いているんだな。

当時も書いたかも知れないが、折角スマホでやるのだから、主人公が定められたストーリーをこなすゲームをスマホでやるのではなく、『スマホで悪魔召喚出来るサマナー』であるプレイヤーが気ままに依頼を受けたり、サマナー同士で戦ったり、大きなイベントに一サマナーとして参加したりする、疑似的にサマナーを体験出来るアプリにして欲しかったんだよなあ。拡張現実で悪魔を表示したり、位置情報もある程度利用出来たらまた面白そうだし。

しかしユーザーの夢や希望は、メーカーには届かない。悲しいことだが、それが現実なのだ。

 

*** 2020.2.21 ***

『嘘喰い』の作者がヤングジャンプで連載していた『バトゥーキ』は、WEB連載に移行するのか。

売れてないかららしいけれど、『銀河英雄伝説』も移行してしまったし、もうヤングジャンプを買う必要がなくなったな。

この年になって漫画雑誌から解放されることになるとはなあ。

あ、『ゴールデンカムイ』があったか。……ま、まあ、いいかあ……。

 

*** 2020.2.18 ***

今日はとても寒かった。昨日は雪も降ったし、これで冬のノルマも済んだな。

ところでちょっと気になることがあるのだが、風呂を沸かす時に湯の量を最大に設定して沸かすのだけれど、どうも湯の量が少ない時があるのだ。

かと思うと妙に多い時もある。

センサーは感圧か何かで湯の量を測っているのだろうと思うのだけれど、それなのに毎回違うということは……。

水の密度が毎回変化しているいえ何でもないです。

 

*** 2020.2.14 ***

おかしい。二月は一番寒い筈なのに妙に暖かい。

私に春キャハーッをフライングさせるための神の罠なのか。

と、天気予報では来週は雪か。

くくく、やはり罠だったな。

ところで新型コロナウイルス肺炎については、なんかどうも日本政府と厚労省は人権侵害だと非難されたくないのと防疫と責任取りたくないのと中国への配慮などで右往左往しているように見えてしまうのだが、

潜伏期が長いし封じ込めはもう無理っぽいので流れに任せるしかないと思っている。

まあ、多分、感染しても体力があれば死なないんじゃないですか。たまに死ぬだろうけれど。

インフルエンザでも死ぬし、肺炎球菌でも死ぬし、食中毒でも死ぬし、餅を喉に詰まらせても死ぬし、交通事故でも死ぬし刺されても死ぬ。

所詮生き物なんだからそんなものじゃないですか。

まあ、待っていたらうまい治療法が見つかったりする可能性もあるし、一気に沢山患者が出ると医療機関も対応しきれないだろうから、なるべく感染しないようにする努力はやってても損はないだろう。

そういえば、S.キングの短編に、風邪で人類が絶滅する話があったなあ。あ、いえ、特に意味はないですよ。

 

*** 2020.2.11 ***

マイクロバスみたいなものを運転して慣れない狭い道を進む夢を見た。

はみ出して落っこちそうだと思いながらもついつい無理に進んでしまうところを覚めてから思い出して、私ってそういうところあるよなあと思った。

ああ、失敗しそうだなあと予想がつきながらも無理押しして世界を破滅させてしまうのだろうな。

それはそれとして、FGO1.5部、セイレム、クリア。

何じゃこりゃ、よく分からん、というのが感想でした。

シナリオ作者の頭の中ではちゃんと物語が出来ているのかも知れないが、読み手にとっては情報不足、なんだかよく分からない、納得いかないまま主人公も仲間も作者に操られているような……。

或いはこれがクトゥルフもののテンプレなのだろうか。

ま、まままあ、これで残すシナリオは最新の二部五章前半のみとなった。

始めて五ヶ月ほどで、追いつけるものだなあ。

 

*** 2020.2.8 ***

FGOは1.5部に戻って攻略を進めているのだ。

で、山田風太郎の傑作『魔界転生』のパクリと言われているらしい『屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負』だが、意識したオマージュっぽいけれどパクリとは思わなかったな。

今回の相棒である宮本武蔵が終盤で隻眼になったりするのは、魔界転生の主人公である柳生十兵衛にあやかっているのかも知れない。

この1.5部のエピソードに出てくる(私が初めて見たのは第2部でだった)キャスター・リンボという男が非常にいやらしい、姑息、卑劣、邪悪な奴なのだが、私はこういうタイプの奴がとても嫌いだったりする。

嫌いなので自分で書きたくもないので、私の小説に出てくる悪役は割と分かりやすい奴らが多いのだ。

ところで、リンボー・ダンスのリンボーって、これはと関係ないよね……。

 

*** 2020.2.6 ***

グーグルからメールでロケーション履歴が送られてきて、私がこの一ヶ月何処をうろついていたのかをバッチリ教えてくれる。

……何がしたいんだ。

ユーザーの個人情報をこんなに細かく掴んでいるんだぞと脅しをかけているのか。

……。

グーグル様にひれ伏せ!

 

*** 2020.2.3 ***

今日は運転中に「エビマヨーッ、エビマヨーッ、エビマヨーッ」と叫びながらエビマヨを食べに行ったのであった。

 

*** 2020.1.32 ***

ほら、もう一ヶ月経ったぞ。

やはり今年もあっという間だぞ。分かってるんだ。

 

*** 2020.1.31 ***

抗アレルギー薬は効く時と効かない時、眠くなる時とならない時があるなあ。

薬自体は同じ訳だから、飲む私の体調が違うせいなのだろう。生き物だからそんなものだよなあ。

それはさて置き、夢の中でおならをしたり、布団の横にポロポロのウ〇コが転がっていると思ったらウ〇コじゃなくて芋だと判明してホッとしたり、なんかこのところ汚い夢が多いなあと思った。

生き物だからそんなものだよね。

 

*** 2020.1.27 ***

なんとまあ、『やっぱりステーキ』という店も存在するのか。こんなネーミングは『いきなりステーキ』くらいだと思っていたのに。

そこで私も対抗して何か考えてみたい。

『おや、ステーキ』……ちょっと駄目だな。『あれ?ステーキ』、これも駄目だ。『おや、変だぞステーキ』『素敵なステーキ』『びっくりステーキ』あ、これは『びっくりドンキー』があるから駄目だ、『やっちまったステーキ』『なんてこったステーキ』『何だこりゃステーキ』。む。

『何じゃこりゃステーキ』。これがベストだな。

さあて、どんなステーキを出してくれるのか。

きっと肉汁たっぷりで、フォークを刺したら大量の血もとい肉汁が噴き出して思わず松田優作みたいに「何じゃこりゃあ」と叫んでしまうのだろう。

これは期待出来そうですね。

 

*** 2020.1.26 ***

ゲームで、強化解除に対し強化解除無効とか、防御無視に対し防御無視を無視とか、メタのためのメタが始まったらもう終わりだと思うのだ。

やはり最初から全ての要素をデザインしてゲームバランスを調整するのがベストで、後から延々と追加していくといつか必ず破綻するよなあ。

それは置いといて耳に水の話をしとこう。

風呂に入ると髪を濡らすために湯に頭を沈めるのだが、その際に耳に水が入ってしまうことがある。

頭を傾けて軽く叩くと取れるのだが、その後もなんかゴソゴソ音がすることが多く、細くしたティッシュを突っ込んでも収まらないし(これは危険なので非推奨)、再度耳に水を入れてから落としてみてもやはりゴソゴソは残る。

これって水の膜が張っているのだと思っていたのだが聞こえ方自体はおかしくなってないし、よくよく考えてみると、耳の穴の中に生えている産毛に水滴が付着して音がしているのではないか。

つまり、まあ、大したことはないのだから放置していいのだ。

私はまた一つ人生の謎を解いた。

 

*** 2020.1.25 ***

ふう、やっと釈放された嘘です。

FGOのイベントが始まって三日経ち、二百階のうち百三十階を過ぎたのでまあ期間内に踏破出来るだろうとちょっと気が楽になっている。

少ない手持ちのサーヴァントをやり繰りして意外となんとかなっているし私としては楽しめているのだが、5ちゃんねるのスレッドを覗くと毎回メンバーを換えて延々戦うのが面倒で糞イベとかいう意見も目立つな。

プレイするのが面倒……ゲームって一体何なのだろうとまた答えの出ない疑問が湧いてしまうのであった。

ちなみに戦力として相性有利なサーヴァントを二人用意し、残りの一人はレベル1の数合わせであると同時にNP補給要因としてカムランの戦いという概念礼装を持たせている。これで数合わせが死んだら仲間にNPが補給され、宝具がちょっとだけ撃ちやすくなるのだ。

無力に死んでいく数合わせサーヴァントを見て奇妙な愉悦がいえ何でもないです。

 

*** 2020.1.20(その2) ***

むむ。むむむむ。

「狂気太郎、自分に殺害予告して逮捕」というニュースを思いついてしまった。

……。

思いついただけです!

 

*** 2020.1.20 ***

ストロングゼロが「飲む福祉」と呼ばれていることに非常に感心した訳だが、

しかしながら理想の飲む福祉は、ポックリ死ねる毒薬であるべきだよなあと思った。

 

*** 2020.1.18 ***

『只々、旨い 超ビーフカレー』はなかなか旨かった。

 

*** 2020.1.17 ***

おっ、『実験地区13』のコミックが更新されてるぞ。

ところで、冷凍うどんをそろそろ消費するためにレトルトのカレーでカレーうどんにしようと考え、スーパーで『只々、旨い 超ビーフカレー』というものを発見。

そこで私は対抗して『あまりの旨さに人類が滅亡するカレー』というものを考えてみた。

一口食べたら人口が十億人減ってしまうのにあまりの旨さについつい完食してしまうカレーだ。

……。おかしいな。最初思いついた時は語呂が合ってる気がしたのだが……。

むっ。『あまりの旨さに地球がヤバい! 人類滅亡カレー』というのはどうだろうか。語呂は少し良くなった気がするが。

……。いや、別に、人類を滅亡させる必要は……。

 

*** 2020.1.11 ***

夢の中で泣いていた。

誰かが死んで悲しかったみたいだが、死んだのが誰なのか思い出せない。

 

*** 2020.1.10 ***

インド料理屋の店員が実はネパール人だったりするのは割と有名な話だが、客としては特に気にしない。何だろうが美味しければ良いのだ。

……ということは、偽日本料理も美味しければちゃんと需要があるに違いない。多分。

日本料理っぽいけど実は違う、味も違う、でも美味しい、という確信犯的偽日本料理屋を開いてみれば流行るかも知れないぞ。

流行らないかも知れないが。

 

*** 2020.1.5 ***

あああああ。

もうお終いだあああ。

FGOに課金してしまった。

無課金縛りでチビチビ地道に楽しむつもりだったのに……。数少ない★4★5でやりくりするつもりだったのに。

楽しませてもらってるならやはり課金はすべきじゃないかと思ったのと、福袋ガチャがズラリと並んで邪魔だなあと思ったのと、いずれ結局課金してしまうとしたら今の福袋購入を逃がすのは勿体ないなあと思ったのと、覗いていた5chの無課金スレッドが福袋課金を認めるかどうかで荒れていてなんだかうんざりしてしまったのと……いやいやそんなことより、なんか催眠術に掛かったみたいに指が勝手に動いて課金してしまったのだ……。

堤防が崩れてしまった。福袋縛りに留めることはもう無理だろう。またちょくちょく課金してしまうんだろうなあ。

そして課金したのに爆死してしまったら、もう人類を滅ぼすしかないじゃないか。

いやはや、新年早々人類も大変なことになってしまいましたね。

 

*** 2020.1.1 ***

あけましておめでとうございます。

いやはや、あっという間にもう新年ですねえ。

……何故だ。何故降りてこないんだ。ずっと待っていたのに。恐怖の大王いえ何でもないです。

さて、今年はなんとか長編を書き上げたいけれど、どうなることやら。

なんだかんだで今年もまたあっという間なんだろうなあ……。

それでは皆様、どうか今年もよろしくお願い致します。皆様のガチャが大当たりしますように。

 

2019年12月

 

戻る