独り言

 

*** 2020.7.13 ***

あああああ。

午前四時のアラームで目覚めて溜まっていたスタミナを消費し、ログインボーナスで入ったフレンドポイントでフレンド召喚をしたつもりが、間違って石30個使ってストーリー召喚をしてしまったのだ。

勿体ないことをした。寝惚けて召喚したら駄目だなあ。

それはそれとして、Mount&BladeのOCCCで、時限イベントで上陸してきたケツアルコアトル兵3000人が他国の城を攻めているところに横から籠城側に参入して、血塗れの斧で斬って斬って斬りまくり、勝利した時には一人で1400人殺していたのだった。

ストレス解消は大量殺戮に限りますね!

 

*** 2020.7.10 ***

強盗キャンペーンかあ。あ、いえ何でもないです。

それはそれとして、雨の日に新天地を求めて冒険に出るミミズに尊敬の念を抱く私だ。

その多くはアスファルトの上で干からびて死ぬことになる。でも、だからといって冒険をやめる訳にはいかないのだ。

 

*** 2020.7.8 ***

冷房を入れると寒い。

切ると今度は暑い。

なのでまた冷房を入れるとやっぱり寒い。

また切るとまた暑くなる。

やっぱりエアコンは0.5℃単位で調整可能なものにすべきだと思った。

 

*** 2020.7.5 ***

Mount&BladeのOCCCを続けております。

チートなしで入手可能な回復武器は両手持ちのきせきのつるぎだけだと思ってたら、血塗れの斧という片手武器も入手出来ました。

それで盾を持って比較的安全に戦えるぞ。と思ったけれどきせきのつるぎよりリーチが短いので一長一短ですなあ。でもカスタム兵に持たせたら死ににくくなるかも。

とかいう現実逃避はさて置き。

小さな懸念事項がやはり呪いのように幾つも張りついて鬱っぽくなり、一つ解決したら反動でちょっとハイになったりもするのだけれど結局のところ私の人生が解決した訳ではないのであった。

「貧すれば鈍する」という諺があるけれど、実際にお金がなくなるとIQが下がるという研究結果があるそうだ。

心配や不安に思考力を割かざるを得ないために、本来の思考力が低下してしまうということらしい。

私もあらゆる心配事や責務から解放されたら、一気に思考力集中力記憶力気力体力時の運が回復してバリバリと小説を書き進められるようになるのだろうか。

現実には無理だよなあ。生きるということは大変だ。

 

*** 2020.7.1 ***

むっ。おかしいぞ。

-1と1の間には0がある筈では……。

 

*** 2020.7.-1 ***

あっ、昨日で月末だったのか。忘れてた。

取り敢えず、自分の心の中すら分からないのだから、人の心なんて分からないよなと思った。

……いや、本当に思ったのか。思っているふりをしているだけでは……。

 

*** 2020.6.26 ***

殺せーっ、殺せーっ、殺せーっ。

という訳で、またまた中世っぽい世界で馬を駆って戦争をするゲーム・Mount&Bladeをやってしまっているのだ。

Cave DiforというMODで盗賊ヒーローが出なかったりユニットの表示がおかしくなる妙な不具合が出たりしたので、更に派生何でもごちゃ混ぜMODのOCCCを導入。

初期状態のステータスを底上げせず弱い状態から始め、苦戦を重ねながら少しずつレベルを上げ仲間を増やし、装備を整えて……そして洞窟に挑戦して運良くきせきのつるぎを手に入れたのだ!

こちらの部隊二百人対敵の山賊六百人の野戦。戦ってたらいつの間にか味方は全滅して私だけになっており、列をなして追いすがってくる山賊達を、後ずさりしながらきせきのつるぎをぶん回して斬り殺して回復、殴られたり投げ槍を食らったりしてダメージを受け、またきせきのつるぎで斬って回復、というのを延々と繰り返し、勝利した時には一人で四百人以上を斬り殺していたのだ。

やっぱり楽しいなあ。

私はきせきのつるぎを尊敬しています。

あ、盗賊ヒーローはどうやらゲーム開始から一ヶ月くらい経たないと出なかったみたいだ。

 

*** 2020.6.25 ***

RPGツクールの新作が出るのかあ。

前のMVは買ったけど結局全く使わなかったんだよなあ。

と、ふと思いついて昔作ったSkyrim用のMODのスクリプトを見てみると、

何が何だかさっぱり分からなかった。

もう私はプログラムを組むなんてのは無理みたいだ。

悲しいことだが、年を取ってしまったのだなあ。

 

*** 2020.6.24 ***

冷凍食品のラーメンを器に入れようとしてドボンと汁を溢れさせ、

汚れてしまった水切りバスケットを食器が収まったまま直接水道水をかけて洗おうとして食器を落とし、

キッチンペーパーで汁を拭けば良かったのに布巾で拭いたら油っぽくなってしまい、

なんだかやることなすことグダグダだなあ。

この先、なんか凄く頭の悪い事故を起こして逮捕されそうな気がする。

 

*** 2020.6.22 ***

コロー……。

ナーッ。

コロ……。

ナーッ。

……。

おかしいな。まだ逮捕しに来ないぞ。

それはそれとして実験地区13のコミックが更新されてました。バンザーイ。

……。

コロ……。

 

*** 2020.6.17(その2) ***

よくダブルスタンダードというか、自分のことを棚に上げて他人を非難する人は多いのだけれど、世界がそういう人ばかりだとすると、

人類は実は巨大な棚の上で生活しているのかも知れないな。

 

*** 2020.6.17 ***

布マスクを洗濯したらシワシワなんだけれども、これって毎回アイロンがけしないといけないのかな。面倒だなあ……。

ところで最近ハエトリグモが二、三匹常駐しているのだ。

大体一匹は風呂場にいて、シャワー浴びている時に間違って流してしまわないか気をつけないといけない。

もう一匹は洗面所にいて、この間は私のハブラシに取りついていた。うがいしようとコップに水を入れたらそこにいて慌てて逃がしたこともある。

もう一匹はキッチンにいたり和室にいたりする。もっと小さな蜘蛛も見かけたことがある。

こいつらは私の住居で何を食べて生きているのだろう。たまに死んでいるから世代交代もしているのだろうけれど、何のメリットがあって私のところに常駐するのか。

やはり文明管理委員会のピーピングバグで、私の行動を監視しているのか。

私がFGOで無事マーリンを召喚したことも奴らには知られているのかも知れない。恐ろしいことだ。

 

*** 2020.6.13 ***

気力が湧かないが、小説を全く進めていないと罪悪感と焦りで益々気分が落ちる。

ところで私は、いつも退路の確保を意識して生活しているのだと思う。

立ち寄った先でトイレが何処にあるのか確認するみたいに、ある選択をして駄目だったら次にどういう選択肢が残されているのかを考えた上で選択するのだ。

おそらく、自分はまだ追い詰められてはいないのだという安心材料にしているのだと思う。

アジトを借りているのもいざとなったらこちらに逃げればいいと思うためだし、いざとなったら今の仕事も辞めればいいと思っているから続けられているのだろう。しかし次の仕事が見つからなくなると、いざとなったら死ねばいいという退路はあまり望ましくないのだ。死んでみて駄目だったら、次の選択肢が残っていない或いは見えないので。まあ、人は必ずいつか死ぬのだけれども。

ええっと、それで、何が言いたかったんだっけ。

ま、まあ、それはさて置き、今夜零時からFGOでマーリンピックアップガチャがあるので、11連×50回分は後のために確保しておき、余分な11連×8回分で挑戦してみるつもりだ。それでマーリンが出なかったら今回は諦めることになるか。それとも、泣きながら退路を削ってガチャを続けるのか。更には追い課金を……。

トイレは、トイレは何処だ。トイレは……。

 

*** 2020.6.11 ***

いつもワークマンで買っていたカーゴパンツのブランドが、

EverRiverじゃなくてEvenRiverだと最近気づいた。

十年以上も私は気づかぬままで……。

 

*** 2020.6.6 ***

「倒してしまっても構わんのだろう?」に対して「倒れてしまっても構わんのだろう?」みたいに、

定番の台詞をひっくり返した迷台詞集を作ってみようと思ったのだが、

何ヶ月経ってもこれ以外の台詞が浮かんでこないのだった。

 

2020年5月

 

戻る