独り言

 

*** 2019.9.16 ***

メギド72、日本ゲーム大賞2019優秀賞おめでとうございます。

頂いた記念のチケットは、メギドもオーブもかぶりでしたけれど、これからも応援させて頂きますよ。メギドも、オーブも、かぶりでした、けれど。

今更になってFGO(Fate Grand Order)も始めてしまったりもしたのですが、やはり攻略チケットがあるのとないのとでは随分違うなあと思い知ったのでした。

FGOは無課金でもやれるというやる夫系の紹介記事を読んで興味を持ったので、無課金縛りでやっていく予定です。ひとまず★5キャスターは一人確保出来ました。

クラスごとの相性が非常に重要で、強いフレンドの存在がとてもとてもありがたいです。早く強くなって、フレンドの皆さんにお返し出来るようになりたいです。無課金だけど。

 

*** 2019.9.10 ***

ゲームやってて大して意味のない選択肢が出ることがあるのだけれど、

どちらも似たような内容で、相手の反応にほんのちょっとだけ違いが出るだけで、話の展開にも全く影響しなかったりする。

これって何なのだろうと考えてみたら、プレイヤーに物語に参加していると錯覚させるための仕掛けなんだなと気づいたのであった。

……そうだよなあ……。錯覚、だよなあ……。

 

*** 2019.9.6 ***

やっと懸念事項の一つが片づいた。

これで脳内リハーサルは終わってくれるだろうか。

今夜からはちゃんと眠れるだろうか。

取り敢えずは……ざまあみろ!

あっ、隕石さんは、また今度でいいです。

 

*** 2019.9.5 ***

少しはましになったもののまだ水のような下痢が治っていない。

胃も張ってケプケプ上がってくる。

昨日は夕食はなしで代わりに飲むヨーグルトを飲んでいた。

今日の夕食も胃腸に優しいものにしようと思ったのだがコンビニで見かけたものを好き勝手に買ってしまった。

いつになったら治るのだろうか。ストレスによるものなのだろうか。

脳内リハーサルは延々と繰り返され、夜もうまく眠れない。

職場に隕石が落ちたら治るのか。

隕石よ、何故落ちてきてくれないのだ。

 

*** 2019.9.2 ***

よっしゃ、下痢ダイエットで一キロ減ったぞ。

……単に腸が空になったのと脱水いえ何でもないです。

昨日の朝からちょっと怪しかったのだが夜から猛烈な下痢が始まり、今日はペースは落ちたもののやはり下痢っぽいのであった。

嘔吐はしないが胃が張った感じがしてゲップがポコポコと上がってくる。その時に、シイタケ入りのハンバーグの匂いを感じるのだ。

少年時代になんだか気分が悪くてトイレに吐いた時、出てきたのが昨日の夕食であった刻んだシイタケ入りのハンバーグだった。

その後も胃の具合の悪さを感じた時、喉まで上がってきた空気にその時の匂いがするのだ。

当時の記憶によって匂いが捏造されるのか、或いは、胃液混じりの匂いをシイタケ入りハンバーグと結びつけてしまっているだけなのか。もしかするとあの時のハンバーグに本当はシイタケは入っていなかったのかも知れない。

実際のところは分からないが、わざわざ確認する必要もないのだろう。

そういうちょっとした謎を抱えたまま生き、死んでいくのが人生なのだ。

 

*** 2019.9.1 ***

『13日の金曜日』シリーズを観直したのであります。

1から4辺りはそれぞれ三回目くらいになるかな。

1の殺人鬼はジェイソンでなくジェイソンの母というのは有名な話ですが、なのに1は面白いんだよなあ。人影を追って建物に入った男が、いつの間にか二段ベッドの上で死体になってるところとかはとてもセンスがあると思う。

それから惨殺シーンの特殊効果もしっかりしているのだ。ケビン・ベーコンの胸からグリグリと刃が顔を出すところとか、ジェイソンの母の首が飛ぶところとか。今回知ったのだが、『ゾンビ』でも有名なトム・サヴィーニが担当していた。

それが、他のシリーズになると惨殺場面を直接描写しなかったり地味なことも多いんだよなあ。4完結編はまたトム・サヴィーニが担当していてジェイソンの頭部に鉈が食い込んでいくところとかしっかりしているのだけれど。9になるとグロ描写がまた激しくなったりするな。

ジェイソンの母以外にも殺人鬼がジェイソンでない回があったり、殺し方に工夫がなく地味だったり、ジェイソンは蘇るごとに肉が腐り気味のゾンビみたいになるし、4完結編でジェイソンを倒したトミーは後に心の病を抱えて自分も殺人鬼になりそうで結局ならなかったり、というか5と6ではトミーの役者が変わって影のある根暗な青年からイケメンになってしまっているし、8ではジェイソンは神出鬼没の亡霊みたいな描かれ方をしたり、そもそも2では母の仇を特定して家に忍び込むだけの知能があるのに、どんどん何も考えない殺人マシーンと化していくし、どうも13金というビッグネームなのに色々とふらついている印象があるのだ。毎回制作者が違ったりするのだろうし、予算の関係もあるのだろうけれど……。

10では未来の宇宙で暴れ、これで13金はお終い。しっかし貨物船の暴走で宇宙ステーションが爆発するのは笑った笑った。25世紀の未来でそんな基本的な対策が出来てない筈ないだろ。

さて、『フレディVSジェイソン』の前に、『エルム街の悪夢』シリーズを観るかな。

 

*** 2019.8.32 ***

「頭の中で勝手にリハーサルリハーサルリハーサル……もううんざりして何も考えたくないんです」

「なら、口をアパーッと開けて上を向いて息を吐けば少しは楽になるよ」

さあ、君も口をアパーッと開けて上を向いて息を吐こう!

 

*** 2019.8.31 ***

今回のサバトは新キャラなしだった……。

指名チケットの期限に近い次のサバトが勝負どころだな。

昔やっていたスマホゲーのことをふと思い出したりする。

サーバーにデータが残ってるならまたインストールしてみようか、と思ったりもするが、ブランクがあると途中のイベントを逃しているしインフレも進んでいるだろうからと結局手を出さずにいる。

ソシャゲーとは、続けることに意味があり、続けなくなったら意味がなくなるのだろうか。

 

*** 2019.8.28 ***

よーし、よし、よし。

読みやすいようにと二十文字での改行になっていたものがスマホなどでは却って読みにくかったため、これまでチビチビと少しずつ修整していたのだが、漸く一通り終えることが出来た、と思う。

やっていればいつかは終わるものなんだなあ。

祝いに酒でも飲むかあ、と、また間違って酒を飲む夢を見たのだった。

 

*** 2019.8.27 ***

昨日やっとNanoSIMも届き、というかマルチカットとかいうのを手袋をしてNanoSIMの形にくり抜いたのだが、なんかグニッといきそうで危なっかしかったな。

取り敢えず、無事にメギド72の移行も完了した。ツイッター連携なので念のためツイッターアプリをインストールして行ったのが良かったのかも知れない。インストールしてなかったら危なかったかもなあ。その後でツイッターはアンインストールした。

Zenfone6はナビゲーションボタンがソフトウェア化され、アプリを一旦閉じようとすると画面の端をスワイプしてナビゲーションバーを表示させてボタンを押すという、ちょっと手間のかかることになってしまった。これって常時表示させることって出来ないのかねえ。そんなアプリを探してみたら不具合の報告も多いっぽいし……。

今度はバッテリーを膨らませないように、かなり減ってから充電するように心がけている。ただ、不具合の話もあるし、バッテリーの膨張より早くフリップカメラが故障するかもなあ。

新しいスマホにはなったがやってるゲームは変わらないので特にどうということはなかった。折角だから新しいゲームを入れてみるかいやいやいや。

メギド72は新章のノーマルはクリアしたが、その前のストーリーで仲間になった者達もまだ育ちきっておらず、やるべきことは山ほど残っている。

きちんと追いつくのはいつになることやら。

 

*** 2019.8.24 ***

入れるべきNanoSIMカードがまだ届かない。

届くまで起動を待つつもりだったがネットではカメラの不具合とか起動しないとかの報告もあって心配になり、取り敢えずZenfone6を起動してみることに。

不具合はひとまずなさそうで安心した。ウニーッとカメラも立ち上がる。

Googleアカウント入力後のアプリの移行だが、特に移行を選ばずそれぞれ手動で入れることにする。そういう選択肢が出たこと自体が安心材料だった。

以前から、一人で複数のスマホ持ってる時にアプリの管理ってどうやってるんだろうと思ってたんだよなあ。片方のスマホでアプリをアンインストールしたらもう片方のアプリも消えるとか、そんなことある筈ないもんな。

これで前のスマホに入ってる余計なアプリが紛れ込まずに済むし、メギド72もアカウントの移行に失敗してそうだったら元のスマホから再度起動してみる余地が出来た。

後は、SIMカードが届くだけなんだがなあ……。

 

*** 2019.8.21 ***

ルマンドの本数がまた減ったか……。

『実験地区13』では14本と書いたのに、実際に2031年になったら何本になっていることやら。

むっ。中身が見えない外袋にして、買って開けたら空か、1本だけ入っているというのはどうだろうか。当たる確率は10パーセントにして、つまり実質0.1本入りのルマンドだ!

ルマンド万歳!

 

*** 2019.8.20 ***

とうとうASUSのZenfone6の日本での発売日が決まってしまったのだった。

というか23日にはもう発売かあ。さて、買うかあ、という段になると、急に不安が大きくなってきたのであった。

カメラ部分がモーターでクルッと起き上がるギミック、あれって、いかにも故障しやすそうなんだよなあ……。

サードパーティーのケースをチェックしてもストラップホールがついてないのも不安点の一つだ。落として壊すかも知れないのにどうして近年のスマホはストラップホールをつけないのだろうな。

また、これまでのMicroSIMからNanoSIMになるのでその変更手続きも面倒臭い。でもこれはいつかはやらねばならないことだからなあ。

そして何より不安なのは、アプリの引き継ぎに失敗してメギド72のデータが消えてしまうことだ。

スマホゲーのためだけに登録したツイッターのアカウントに紐づけしているのだが、メギド72はデータ引き継ぎを失敗したという話をちらほら聞く。

Facebookに紐づけすれば安定するらしいが、わざわざそのためだけにFacebookに登録するのもなあ……。

やっぱりアプリ自体にアカウントIDとパスワードを登録しておけばアプリを削除して何ヶ月も経って再インストールしてもアカウントのデータが残っているようなシステムがベストだと思うのだ。

てな感じで色々と不安な点があるのだが、待っていても他に選択肢もなさそうだし、あっという間に注文してしまったのだった。

うむ。私のせっかちは健在だな。

 

*** 2019.8.16 ***

あれっ、ひょっとして、右肩が痛むのって、

寝転んで首を左に向けてスマホをやってるせいでは……。

 

*** 2019.8.15 ***

あっ、暫く更新してなかった。

特に書くこともないしなあ……。

取り敢えず今は『Rebel Galaxy』というゲームをやっている。

宇宙船を駆って依頼を受けて敵宇宙船を倒したりちょびっと交易したり襲われてた交易船に助太刀したり助けた後はその船を襲って略奪したり禁制品を持ってて軍に咎められたり強力な装備や船に買い替えたりするゲームだ。

宇宙を飛び回るのだが、移動は前後左右の二次元だったりする。宇宙平面説だ。

ゲームの本質は大航海時代やMount&Bladeに似ている気がする。

長編の方はやっと約半分まで進み、後半戦に入る前に最初から読み直しているところだ。

出だしはワクワクするのに、読み進むうちにあれっとなる話って、あるよねえ。

そうならないように頑張らないとなあ……。

 

*** 2019.8.7 ***

この年になって高校に行く夢を見た。

夢の中でも「どうしてこの年になってまた高校に行くのだろう」と首をひねっていた。

あ、そういえばNHKから国民を守る党が参議院の議席を取ったようでおめでとうございます。

今となっては時代にそぐわないぼったくりの電波押し売り業者なのに、巨大な利権でガッチリあちこちに食い込んでいるため守られている悪の組織がNHKだと私は解釈している。

奴らは放送法を盾に契約の義務があると言ってくる訳だが、同じ放送法の第四条には、「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」という項目があるんだけどなあ。

でもこれについてNHKの偏向報道を訴えたところで、裁判ではどうせ「公平な報道でないとは言いきれない」などという微妙な表現でお茶を濁されるのだろう。

さて、N国の人は、契約の義務があるから契約はするが、受信料を払わなければならないとは放送法に書かれていないので払わなくていい、という主張もしているようだ。

しかしこれって、裁判になったら結局支払えということになりそうだし実際に過去の裁判で支払い命令が出たのだから難しいように思う。

逆に、こういう内容なら契約すると言ってこちら側から受信料0円となった契約書を提示するのはどうだろうか。放送法第六十四条では、「契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする」となっている。

ならば、総務大臣が受信料0円の契約を認可してくれればいい訳だ。契約は義務だから契約する気はあるが契約の内容について納得出来ない点があるため変更を希望する、総務大臣が認可してくれるまでは契約出来ません、いやあ、契約する気はあるのに残念だなあ、認可を待つしかないなあ……。

という感じで攻めていくのはどうだろうと思ったのだが、どうせ裁判になったらお茶を濁されて負けるだろうなあ。

利権だから仕方ないよね!

 

*** 2019.8.4 ***

暑い。

来年は東京オリンピックらしいけれど、エアコンなしではやっぱり死人が出るんじゃないのかねえ。

死人が出るまで放置するのが日本の伝統だから、多分対策は何もされないのだろうなあ。世界中から集まる選手の皆様はご愁傷様です。

それから、韓国はいよいよ滅びそうな勢いだなあ。

これまで日本は甘々でナアナアな対応しか出来ていなかったので、今度こそはきちんとやって欲しいものだ。

土壇場になってアメリカの横槍が入って「やっぱ許したれ」と命じられるとか、ないよね……。

韓国人のネットのコメントを拾って訳しているまとめサイトを見ると、今でも文大統領の強気姿勢を肯定する人と、韓国がまずい状況に落ちつつあるのを理解して全てを文大統領のせいにしている人と、僅かながらこれまで韓国が無茶をやってきたことを自覚している冷静な人がいるようだ。

でも、その僅かな冷静な書き込みは、他の人達の集団ヒステリーによって埋もれていく。

私には、ご愁傷様としか言えない。

 

2019年7月

 

戻る