独り言

 

*** 2018.11.12 ***

カカオからココアが出来るのだから、

キキエからケケイが出来る筈だ。

或いは……アアコからオオカ?

 

*** 2018.11.9 ***

グリップ部分が木製のジェットストリーム多機能ペンを愛用していたのだが、ペン軸のマット地が加水分解を起こして汚くなってしまった。

割と好きだったのになあと思いつつアマゾンでジェットストリームを探すと、マット地じゃないペン軸の奴もあるのだ。しかしそっちはグリップがゴムで、使っているとデロンと緩んできそうな気がする。

そこで私は閃いた。同じジェットストリームの4+1多機能ペンなのだから規格も同じ筈だ。

非マット地の奴を注文し、グリップ部分を木製の奴と交換してニコイチで完璧なジェットストリームが完成したのだった。バンザーイ。

ところでゴムグリップと汚い加水分解ペン軸のジェットストリームも完成してしまったのだが。

……。取り敢えず引き出しに入れとこう。

 

*** 2018.11.6 ***

そういえば正体不明の組織に拉致され地獄のような虐待を受けた末、何故か無事に日本に帰ってきてしまった韓国人のウマルさんについて思うこと。

現地の状況を知るということは確かにとても大事なことだろう。

ただ、危険地帯であるのなら相応の覚悟と対策・準備が必要な訳で、

フリージャーナリストが単身で行くんじゃなくて大手のマスコミがちゃんとバックアップして保険もかけて派遣するべきじゃないのか。

マスコミからそういう意見が出ないのは、やっぱり派遣したジャーナリストが殺された場合に自分達の責任が問われるのが嫌だったり補償金が勿体なかったりするせいなのだろうか。

企業は正社員を雇うより派遣社員を使い捨てたいもんね。東電も正社員に福島原発で作業させたりしないもんね。

取り敢えず日本政府には絶対に金を払って欲しくなかったのだけれど、多分こっそり払っちゃったんだろうなあ。

本当に払ってなかったんなら別にいいけど、ならどうして無事に帰ってきてしまったのだろう……。

世界は謎に満ちている。

 

*** 2018.11.3 ***

二十年近く経つのに過去の亡霊が私を苛むのだ。

「今でも夢にまで奴が出てくるんですよ」と人に力説していたら本人がその場に乱入してきた。

というのまで含めて夢だった。

 

*** 2018.10.32 ***

アマゾンで注文したものが届かないと思ってたら何やら沖縄まで行っているらしい。

人生は不思議でいっぱいだなあ。

 

*** 2018.10.31 ***

むっ。

「リストラとして全社員の片腕を切り落としました」というのを思いついたぞ。

人員を減らさない温情溢れるリストラですね。

……。リストラ出来てない……。

 

*** 2018.10.28 ***

ハロウィンねえ。

私の世代でハロウィンというと映画『ハロウィン』の殺人鬼マイケル・マイヤーズを思い出してしまうのだけれど、

今の若者にとっては仮装して女性をナンパしてついでに痴漢して更には拉致強姦してたまに自動車をひっくり返したりするお祭りなのだろうか。

仮装だからウェーイ、お祭りだからウェーイ、てな感じか。

時代は変わったものだなあ。

しかし、ということは、マイケル・マイヤーズの仮装やジェイソンの仮装をしてそんな若者を殺しまくる参加者がいてもおかしくはないよな。

仮装だからウェーイ、お祭りだからウェーイ、なのだから。

いやはや、凄い時代になったものですなあ。

 

*** 2018.10.27 ***

眠くならない系の抗アレルギー薬はやっぱりあんまり効いた感じがしないなあ、他に良いのあるかなあとドラッグストアを漁っていたらナザールという点鼻薬を発見。

なるほど、飲み薬以外にもこういう手があったか。

試してみたらやたら効く。これで私は救われたのか。

念のため検索してみたら連用には副作用もあるみたいだから気をつけたいが、探せば方法はあるものなんだなあと改めて思った。

人類は……生き残る!

 

*** 2018.10.26 ***

むむっ。この前は「ビッグバン嘘松」を発明した私だが、今回は「ダンプカー嘘松」というものを提案したい。

うまいことを言った後に、「でもその後ダンプカーに轢かれて死んじゃったけど。」とつけるのだ。

え、何の意味があるのかって?

知るかあっダンプカーが

 

*** 2018.10.21 ***

今日はアレルギー性鼻炎が特にひどく、くしゃみ六、七連発は当たり前で鼻水は出続けるし目に涙が滲むし午後になってからは頭痛が始まるしで散々だった。

アレルギーの薬、飲めばいいのになんとなく、もうちょっと我慢すれば今日をしのげるのではないかと考えてしまうんだよなあ。

明日飲むかどうかも明日の具合を確認して決めようと思ったが、この状態で一晩我慢することを考えると結局アレジオンを飲んでしまった。丸一日効くらしいからこれで明日は大丈夫だろう。多分。

……。

今朝から飲んどけば良かった……。

 

*** 2018.10.18 ***

改めて「無香料の柔軟剤」で検索したらベビーファーファというのが見つかった。

次に買う時はこれにするか。しっかしスーパーなんかでは全く見かけないんだよなあ。

皆、香料大好きなのだろうか。

それは置いといて、人間力の消費の話をしたい。

私は職場の宿舎に住んでいる訳だが、そこには同僚のお子さんなんかもいる訳だ。

仕事が終わって帰る際にそんな子供とすれ違うことがある。そして彼らはシャイだ。滅多に挨拶してくれない。

向こうが挨拶しないのならこちらも挨拶する義理はないのだが、互いに無視した状態で向こうのお母さんなんかと出くわすとやっぱりなんか気まずいし、念のためこちらから挨拶をすることになる。

そこで私は人間を演ずる必要に迫られ、ただでさえ少ない人間力を消費することになる訳だ。

そして相手はやっぱり挨拶を返さない。人間力が無駄に消費されてしまった。無駄に葛藤させられた。疲れる。

最近のネット記事で、飲食店で常連扱いされて「お客さん(の注文)はいつもの奴だね」と言われて腹が立つという話を見かけたのだけれど、あれはちょっと違うと思うのだ。

常連扱いされて親しげに話しかけられ、そのためこちらも人間らしい反応を示さないといけなくなってしまったこと、人間の演技をすることを強いられることに苦痛を覚えるのではないか。

私はコンビニとかの訓練された愛想笑い、上っ面だけのやり取りが好きだ。わざわざ人間の演技をせずに済んで、疲れないから。

それが、通い慣れたコンビニで店員に親しげに話しかけられると戸惑ってしまうし嫌な気分になる。

まあ殆どの人はそんなことにいちいち悩まないだろうし気にしないのだろう。私が偏屈なだけだ。

この偏屈は一生治らない、どうしようもないと分かっている。

ああ。誰も私のことを知らない、人間の演技を強要されないところでひっそりと生きて死にたい。

 

*** 2018.10.14 ***

二日前から急にアレルギー性鼻炎が始まったぞ。

いよいよその季節が来てしまったか、と思ったのだが、ひょっとすると長袖のシャツを引っ張り出して着始めたせいなのだろうか。

柔軟剤の香料がアレルゲンかもと疑って少量使用に切り替えたのが夏頃だった気がするので、長袖シャツには柔軟剤の成分が濃くへばりついているのだ。

これから改めて洗濯していって香料が薄くなったらましになるかなあ。

それにしても香料の濃い柔軟剤がいけないのだ。香料のない柔軟剤はないのかとちょっと探してみたらなんか匂いつきを自慢している柔軟剤ばかりなんだが……。

分かったぞ。洗剤メーカーの目的は人類滅亡いえ何でもないです。

 

*** 2018.10.13 ***

今年の冬物ジャケットを買うためにワークマンに行ってきた。

二年くらい前からだったか、ワークマンのイージスというのが防寒に凄く良いという評判で、今回新製品が出たらしいので良いタイミングだと思った訳だ。

しかし、行った店にはそのイージスはまだ入荷してなかった。……と、なんとそこで凄いものを発見してしまった。

洗濯機で丸洗い出来る防寒ジャケットだ。

これで春になるたびにクリーニング屋に持ち込まなくて済む。

私はメンテナンスフリーの永久活動体に少しだけ近づいた。いや全く近づいてないけど。

 

*** 2018.10.12 ***

ガチャだ。ガチャだ。俺にガチャらせろ。

今回はUR確定の五十連までを覚悟してガチャるぞ。まずは十連。ううむ……駄目だったか。でも良いのも出たぞ。二十連。うわっ、やったーっ。目当てが出たぞーっ。よしこれで終了だ。三十連分、やらなくて済んで得したなあ。

……。

やはりガチャは悪い文明だったのか……。

もう片方のゲームでは課金したけどガチャ目当ての課金じゃないんだ。期間限定の着せ替え衣装のために課金しただけで、石はおまけでついてきただけだ。だから私はガチャ依存症じゃないんだ。

ゲーム依存症ではあるかも知れないが。

 

*** 2018.10.8 ***

『嘘ぴょーんの呪い』という概念を提唱しようと思ったのだが、

よくよく考えてみればこういうのって既にある筈だよなあ、と確認したら不可知論だった。

これだよ、これこれ。

創造主でさえ自分が夢を見ているのではないと証明することは出来ないのだ。

……でも『嘘ぴょーんの呪い』の方がかっこいいようないえ何でもないです。

 

*** 2018.10.3 ***

ふううう。

結局アタッシェケースのパスワード記憶の不具合は既に問題提起されていたようで、

今後改善するだろうからまた使い続けることにした。

ひとまず前のバージョンをインストールして、また片っ端から暗号化だ。

これで裸でいるような不安感は治まったが、やっぱり今後復号化出来ないリスクも僅かながら抱えていくことになるんだよなあ。

アタッシェケースの作者様にはどうかご健勝のほどをお祈り申し上げます。私よりも長生きして下さいね。

 

*** 2018.10.2 ***

昨日ちょっと走っただけなのにもう足が筋肉痛でガタガタです。

さて、映画『クワイエット・プレイス』観てきましたよ。

詳しいことは語られないけれど、なんか隕石にくっついて飛来したのではないかと思われる怪物達が世界中で暴れ狂い、人間は地下に引き篭もったのか食われてしまったのか殆ど見かけない状況で、ある一家が生き延びようと奮闘する話です。

怪物は盲目で音に反応して獲物を襲うため、一家は声を出さないように大きな音を立てないようにひっそり暮らしています。

しっかしそんな状況で出産とか、自殺行為じゃないですかねえ。対策は講じていたけれども。

怪物はグロッエグッコワッという感じでした。何じゃその頭はどうなってるねんという……。

なかなか良かったと思いました。完。

 

*** 2018.10.1 ***

新しいノートパソコンの操作にまだ慣れない。

ところで持ち運ぶUSBメモリはVeraCryptでドライブごと暗号化し、

更に読まれると困るファイルはアタッシェケースというソフトで暗号化していた訳だが、

アタッシェケースの挙動がおかしくて困っている。

前のバージョンのものが復合化出来ないことがある問題は以前からあったが、

今回は暗号化の際に使うパスワードをアタッシェケースが記憶してくれないのだ。

暗号化ソフトの定番である筈なんだけどなあ……。

ひとまず一旦関係を切ることにして、古いバージョンに入れ直して片っ端から復号化しまくり、

また新しいバージョンに戻して残ったものも全部復号化した。

暗号化してない素の状態だとなんか裸でいるような不安を覚える。

ちなみに一人の方の過去のメールを入れたフォルダは壊れていて復号化出来ず、そのまま消え去ることとなった。

暗号化というのは、後で確実に復号化出来ることが大前提であって、

そうでないなら安全に保管したつもりが完全に消滅させてしまうリスクを負うことになるのだ。

いやはや、どうしたものやら……。

 

2018年9月

 

戻る